脱毛サロン断り方

脱毛サロン断り方

脱毛サロンの強引な勧誘は昔に比べると少なくなりました。ですが、商品を売り込むこともサロンの重要な仕事の一つですから、多かれ少なかれ勧誘はあると思っておいた方がよいと思います。

 

お得な脱毛プランや脱毛器具を提案されることはどのサロンでもあるでしょう。

 

場合によっては断っても次々に他の商品を進めてきたり、勝手にローンの返済例を提案してくるような強引な勧誘もありますから要注意です。

 

勧誘は無料カウンセリングや無料体験の後、また申し込んだのコースが終了した後などが多いようです。

 

気が弱い人や断るのが苦手という人は、万が一の強引な勧誘に備えてあらかじめ断り方を考えておくことをおすすめします。

 

もちろん、サロン側としても勧誘しやすい客と勧誘しにくい客がいます。できるだけ勧誘しにくい客になりましょう!

 

スタッフに自分の悩みやコンプレックスを話すと、そこに付け込んで勧誘されるケースもあります。

 

信頼できる脱毛サロンかどうかを見極めるまでは、スタッフとは一線を置いてあまり自分のプライベートを話しすぎない、親しくなり過ぎないことをおすすめします。親しくなったとしても、自分の予算や明確な要望をはっきりと伝えることが大切です。

 

また、お金を持っていそうな客は魅力的な勧誘ターゲットです。

 

独身、高収入、安定した職業の人はお金をもっていると判断される可能性があるため注意しましょう。

 

もし職業を聞かれたら、専業主婦と答えるのもおすすめです。

 

専業主婦なら、最後には「夫に相談しないと決められない」と逃げることができるからです。

 

「お金がない」、「他のサロンと比較しているところ」、という断り方も有効です。

 

どのような場合であってもはっきりと断る態度が第一です。